2006年01月19日

ドラマ 神はサイコロを振らない  第一回 2006年1月18日放送 あらすじ&レビュー

東京の空港。東洋航空のグランドホステス、黛ヤス子は回想する。あの日あの事故で失った恋人木内哲也。「あれから十年が経ったのだ。」1996年8月10日15時30分。東洋航空402便は長崎空港から東京空港に向けて順調に航行していた。しばらくして、パイロット木内は、目の前に積乱雲を発見。「迂回しますか?」「いや、このままいこう。」と機長。突然、機体は大きく揺れた。ダウンバーストだ。
続きを読む ブログランキング
宜しければ、1クリックして、ランキングにご協力下さい。






 


 


 



 





 





 





 





 













posted by 綾悦 at 02:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 2006年第1期ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。