2006年02月26日

大河ドラマ 功名が辻 第八回 2006年2月26日放送 あらすじ&レビュー 2006年第1期ドラマ

第八回 命懸けの功名
1570年春。将軍足利義昭に不穏な動きがあるとのしらせが秀吉の元に届く。秀吉からそれを聞いた光秀は、信長を見くびってはならない、火遊びはほどほどにして今は赤子のように信長様の手に抱かれている方がいい。と義昭に言うのだが義昭は、「事と次第によってはそちの手で信長を殺せ。」と言う。































京の女を夢中で見ている新一郎。「明日の命をもしれぬこの乱世、女房こそが生きるよすがなのじゃ。」と一豊は教える。
信長は、京へ戻り、義昭の名で、諸国の大名を招いて能や茶会を開く。一豊には三河の徳川家康へ向けて書状を運ぶ任が。途中我が家に戻った一豊は、お守りとして千代と同じ手ぬぐいを手首に結んでもらう。「戦場で危うくなられた時は、私を思い出して下さいませ。暑い日は、汗を拭いて下さいませ。怪我をしたらこれで血を止めて下さいませ。私がお世話をしているとお思いになって・・・。」千代は一豊を見つめて言う。
義昭らを招いた能・茶会は滞りなく終わった。四月に信長は京を発ち、電光石火の朝倉攻めを開始する。いよいよ戦場だと意気上がる一豊たち。
浅井家では信長の動きに、お市と茶々を岐阜に返して信長を倒すべきだとの意見が湧き上がる。千代からお市の身が危ないと聞いた六平太はお市に信長の動向を知らせる。お市は長政に、生まれてくる子の為にも兄との戦は止めて欲しいと頼み、自分は長政の妻だから、小谷を離れるつもりはないと言う。
四月二十五日、信長は手筒山城を数時間で落とし、翌二十六日、金ヶ崎城に攻め寄せた。一豊はまだ功名をあげられず焦りがつのるが、金ヶ崎城では朝倉氏が降伏、開城することに。「城の受け渡しは古来穏やかに済んだ試しはない。戦になるのでは。」と半兵衛が言った通り、翌日朝倉の兵隊は火縄に火を点けたまま城を出てくる。しんがりにいたのは三段崎勘右衛門だ。新一郎は主君に功名を上げさせようと敵方を挑発し、両軍の間で戦いが始まった。勘右衛門にまっすぐ向かっていった一豊だが、放たれた矢が一豊の頬を貫く。それでもひるむことなく勘右衛門と組み合った一豊は、崖から転がり降りるようにして勘右衛門を討ち取る。満身創痍になって信長よりようやく格別の恩寵を賜った一豊だが、お市の陣中見舞いから撤退を決意した信長のしんがりとして名乗り出た秀吉と共に、決死の覚悟で戦場に残る。
虫のしらせを受けた千代は一豊を思ってただひたすら祈るばかりだった。



レビュー
「功名即ち命懸け」という大変な明日なき世界。「聖なるもの」が「俗なるもの」に変わる、城の明け渡しのシーンが印象的だ。歴史的事実の影にこんな物語があったのか、矜持を正して見てしまった。で、洋式の戦術に馴染めない一豊がどこか天真爛漫に見えてしまい、どこかしら清らかな風が吹いている。お市の心の起伏描写が抑えられ、青い空の下、小さな石の如き動乱が、大きな一つの波を立てる予感を醸し出すように写し出されており、一豊の人生が転回する意味も含んだ回となっている。


ブログランキング
宜しければ、1クリックして、ランキングにご協力下さい。







 





 





 





 



posted by 綾悦 at 21:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 2006年第1期ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ドラマ 喰いタン  第七回 2006年2月25日放送 あらすじ&レビュー

ハジメの通っている元町小学校では授業参観週間になり、一週間は保護者が自由に出入りできるようになった。高野はこの機会に学校給食を食べ尽くそうというわけで張り切る。京子も連れていよいよ授業参観の当日。給食はピーマンの肉詰めだった。好き嫌いを無くしたいという担任さえこ先生の気持ちに反対する親もいたが、京子は、生命に感謝して頂くことは必要だと一席ぶって帰ってくる。
ドラマ喰いタン続きを読む ブログランキング
宜しければ、1クリックして、ランキングにご協力下さい。





 


 


 



 





 





 





 





 















posted by 綾悦 at 11:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 2006年第1期ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ドラマ 小早川伸木の恋  第七回 2006年2月23日放送 あらすじ&レビュー

伸木は枯れた松を見て自分の結婚生活のようだと思い、カナに匿名でメールを出す。「以前針金かけをした松の葉が全部枯れてしまいました。元に戻らないのでしょうか?」
なおえはケーキ屋になっていた。家に帰る伸木によそよそしい妙子。「もう一度、結婚記念日をやり直さないか?」伸木は言う。仕事に専念できるのも、娘が良い子に育ってくれているのも妙子のおかげ、これからもよろしくと妙子にシャンペンを渡す。
ドラマ 小早川伸木の恋続きを読む ブログランキング
宜しければ、1クリックして、ランキングにご協力下さい。






 


 


 



 





 





 





 





 













posted by 綾悦 at 11:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 2006年第1期ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月24日

ドラマ 白夜行 第七回 2006年2月23日放送 あらすじ&レビュー

亮司は松浦の死を隠し、園村と雪穂にアリバイを作らせた。二人が自分と松浦に脅されていたことにして、辻褄を合わせることで二人に昼の世界を歩かせようとしたのだった。笹垣は、取調べに応じた雪穂の涙に同情するが、母が死んだと聞いた雪穂が病院で見せた時と同じ笑顔を浮かべたまま泣いているのを見て、思わず雪穂をはり飛ばしてしまう。笹垣は、けして亮司は松浦の被害者ではないのだと見切っていた。 ドラマ
白夜行続きを読む
ブログランキング
宜しければ、1クリックして、ランキングにご協力下さい。






 


 


 



 





 





 





 





 
















posted by 綾悦 at 19:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 2006年第1期ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ドラマ 神はサイコロを振らない  第六回 2006年2月22日放送 あらすじ&レビュー

ヤス子達は、黒木夫婦が亮に離婚を隠して帰っていった姿にため息をつきながらも、亮もきっとどこかで演じているのではなどと想像していた。中武昇子とのコンビを解消しようとしていた浜砂柚子は、娘の桃子の諦めないでという励ましによって考え直す。後藤瑠璃子も、母に連絡をしてコンサートを開くことにしたと言う。
神はサイコロを振らない 続きを読む ブログランキング
宜しければ、1クリックして、ランキングにご協力下さい。






 


 


 



 





 





 





 





 













posted by 綾悦 at 19:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 2006年第1期ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ドラマ Ns' あおい  第七回 2006年2月21日放送 あらすじ&レビュー

あおいの前で倒れた小峰は、何でもないと言って仕事に戻る。いつも通り口は悪いが、病棟の患者たちを細やかに気遣ったり、看護婦達を叱責したりしている。「ネコミミ」こと佐伯は小峰の担当する病室の患者だが、見舞いに来る家族がいなかった。小峰は佐伯の誕生日を覚えており佐伯を喜ばせるが、「私だっていつまでもあんたの世話をしてあげられるわけじやないんだから。」と言う。
Ns'あおい続きを読む ブログランキング
宜しければ、1クリックして、ランキングにご協力下さい。





 


 


 



 





 





 





 





 













posted by 綾悦 at 11:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 2006年第1期ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月21日

ドラマ 西遊記 第七回 2006年2月20日放送 あらすじ&レビュー

一行に引っ付いて旅をしていた凛凛は、悟空と喧嘩をしてはぐれてしまう。
夜、廃寺に泊まった一行は、凛凛の開けた井戸の蓋から這い出して来た幽霊と遭遇する。幽霊は蓮歌と名乗り、自分は福永国の王妃だったと言う。

ドラマ西遊記続きを読む ブログランキング
宜しければ、1クリックして、ランキングにご協力下さい。






 


 


 



 





 





 





 





 















posted by 綾悦 at 12:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 2006年第1期ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月20日

ドラマ 輪舞曲(ロンド) 第六回 2006年2月19日放送 あらすじ&レビュー

ずっと言えなかったことを伝えると言い、ショウ(以下琢己)は自分の本当の名前は金山琢己で警察官だとユナに告げる。嘘だと信じないユナに琢己は、自分の父も母も韓国人で、父は神狗に殺されたと話し、ユナの携帯に自分の名を残して去る。ユナは「楽しかった」と言う琢己の後ろ姿に向かって、「私もこの国であなたに会えて楽しかった。だから会いたい、もう一度。」と日本語で言い、二人は束の間抱きあうのだった。
続きを読む ブログランキング
宜しければ、1クリックして、ランキングにご協力下さい。






 


 


 



 





 





 





 





 













posted by 綾悦 at 13:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 2006年第1期ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月19日

大河ドラマ 功名が辻 第七回 2006年2月19日放送 あらすじ&レビュー

第七回 妻の覚悟
妻達は座を囲み光秀の噂話をする。一豊は槍一筋のもののふの汗の匂いが似合うと言われ、千代もにっこり頷いて満足気。
新右衛門の息子徳次郎は幼いが少しばかり乱暴者だった。ある日千代は徳次郎が女の子を泣かせているのを見かける。その子は光秀の三女、玉子(後の細川ガラシア夫人)だった。































信長は少数の部下を連れて、六角に対する陣の途中にある小谷の長政を訪れる。長政は義兄弟の信長に信が篤かったが、長政の父久政はまだ朝倉とつながっており、長政の家臣にも信長を快く思っていない者が多い。
お市は一豊を呼び、千代に内掛けを作って欲しい、生きて戻れたら必ず伝えるようにと頼む。忍びの六平太は一豊に、浅井に不穏な動きがあると伝える。
長政は一部の家臣たちに、信長のいぬ間に岐阜に攻め込むことを勧める。だが長政は義兄弟の寝首を欠くなど出来ないと言い、家来達を退ける。その夜は何事も無く、信長は翌朝浅井の軍勢を引き連れて今日を目指し出発する。一豊には浅井への不信感が残った。
信長軍は、途中六角勢の十八の城をなぎ倒し、すさまじい勢いで京に入った。
その頃岐阜では、新右衛門の妻ふねが倒れる。流産で大量の血を流したふねは、医者にも手の施しようがない状態になってしまっていた。ふねは千代に、新右衛門には戦から戻るまで自分の死を知らせないように頼み、子供達に遺言を残して亡くなった。
義昭は信長の後ろ盾で征夷大将軍に任命される。その礼に信長に何か地位を授けたいというが、信長は副将軍の地位も断り、堺大津に代官を置くことを要請する。信長は「商いをする大名」になったのである。
一豊達が岐阜に帰ってきた。母の死に千代にも乱暴に接する徳次郎を、新右衛門は成敗すると斬り捨てようとする。吉衛門は新右衛門がどれほど家族を思っていたのかを聞かせるが、徳次郎は謝る一豊にまで「許さぬ」と言う。千代は斬られそうになる徳次郎を逃がす。
雨の降りしきる中、山内家の者達は総出で徳次郎を探す。千代は一人で山に入り、洞穴の中で倒れている徳次郎を見つける。熱を出してうなされている徳次郎に、千代は口移しで汁を与え、一生懸命看病する。翌朝起きた徳次郎は、素直な子供に戻っていた。
再び京へと向かう日一豊は新右衛門に残れと言うが、千代はふねの気持ちを伝え「みんな死んではなりません」と言って全員を送り出す。
雪が降りしきる中、残った千代達は、ふねの霊をあつく弔うのだった。


レビュー
お市の夫長政が信長と袂を分かつ直前までを描いた今回。徳次郎という子供により、お市との共時性がしっかりと保たれ、余白の余情を忍び描いている。千代には妻として誠の確かさと人として格の高さを持たせた。登場そうそうふねが死んでしまったのは残念かつセンセーショナルであったが、この物語で初めての死という意味ではこの順番なのだろうか。これをきっかけに、家内の結束はますます固くなり、これからも長い戦乱が続くが是非とも心に留めておかねば・・という回となった。


ブログランキング
宜しければ、1クリックして、ランキングにご協力下さい。







 





 





 





 



posted by 綾悦 at 23:17| Comment(0) | TrackBack(1) | 2006年第1期ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ドラマ 喰いタン  第六回 2006年2月18日放送 あらすじ&レビュー

ある日のこと高野達は、オムライスを食べている時に、野々村という男に声をかけられる。野々村は、ノノムラフードチェーンの会長だった。二十年前に食べた思い出のコロッケを探しているという。高野達は快諾し、早速コロッケを売っていた亀屋探しをはじめる。

ドラマ喰いタン続きを読む ブログランキング
宜しければ、1クリックして、ランキングにご協力下さい。





 


 


 



 





 





 





 





 













posted by 綾悦 at 10:18| Comment(0) | TrackBack(1) | 2006年第1期ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ドラマ 小早川伸木の恋  第六回 2006年2月16日放送 あらすじ&レビュー

カナの笑顔が頭から離れない伸木。時はこの痛みを忘れさせてくれるのだろうかと思う。
妙子は、伸木が浮気をしていると確信して悩んでいた。仁志はそんな妙子に、少しは自分に興味を持って外で仕事でもしたらいい、きっとそういう姿を見たら伸木も少しは妙子を見直してくれるのではないかと言う。そしてその夜妙子は、これまで伸木に頼りすぎていたけれど自立したいので、伸木の病院でパートとして働くと言い出す。
ドラマ 小早川伸木の恋続きを読む ブログランキング
宜しければ、1クリックして、ランキングにご協力下さい。






 


 


 



 





 





 





 





 













posted by 綾悦 at 10:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 2006年第1期ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ドラマ 白夜行 第六回 2006年2月16日放送 あらすじ&レビュー

亮司の母弥生子は、父親の実子ではない亮司が犠牲者だと思わないのかと言う古賀の言葉に動かされ、探偵社に行き松浦を探して欲しいと依頼する。
雪穂は亮司に通帳を送り返し、「恩を着せられるのも気分が悪いので。」という手紙を添える。 ドラマ
白夜行続きを読む
ブログランキング
宜しければ、1クリックして、ランキングにご協力下さい。






 


 


 



 





 





 





 





 
















posted by 綾悦 at 10:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 2006年第1期ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ドラマ 神はサイコロを振らない  第五回 2006年2月15日放送 あらすじ&レビュー

ヤス子は、402便の奇跡と自分が結婚できるという奇跡、どっちの奇跡がすごいか、彼の気持ちを受け止めるべきか、そうすれば戸籍はどうすればいいのかなど、悶々と考えていた。

神はサイコロを振らない 続きを読む ブログランキング
宜しければ、1クリックして、ランキングにご協力下さい。






 


 


 



 





 





 





 





 













posted by 綾悦 at 10:12| Comment(0) | TrackBack(1) | 2006年第1期ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月16日

ドラマ Ns' あおい  第六回 2006年2月14日放送 あらすじ&レビュー

「ハリー先生ハリー先生。」院内にハリーコールが鳴った。駆けつけた江藤は患者の呼吸不全を過換気症候群だと診断できず、あおいの力を借りて事なきを得る。同僚からは辛辣な陰口を叩かれ、小峰からは「あおいママがいてくれてよかったね。」と皮肉を言われる。
Ns'あおい続きを読む ブログランキング
宜しければ、1クリックして、ランキングにご協力下さい。





 


 


 



 





 





 





 





 













posted by 綾悦 at 02:03| Comment(0) | TrackBack(1) | 2006年第1期ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月14日

ドラマ 西遊記 第六回 2006年2月13日放送 あらすじ&レビュー

悟空と八戒の二人は、禁止されていた肉を食べようとして鶏を追いかけ、仏像を壊してしまう。その姿を見た悟淨は三蔵に報告すると言い、たまらず二人は悟淨を布でくるみ、裏の森に置き去りにする。

ドラマ西遊記続きを読む ブログランキング
宜しければ、1クリックして、ランキングにご協力下さい。






 


 


 



 





 





 





 





 















posted by 綾悦 at 04:34| Comment(0) | TrackBack(3) | 2006年第1期ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月13日

ドラマ 輪舞曲(ロンド) 第五回 2006年2月13日放送 あらすじ&レビュー

どうして約束を破ったのか尋ねるユナに、ショウは何もいえない。神狗との関わっていないのならば「いいえ」と言ってくれとユナは迫る。ショウは、いつか必ず話すから信じて欲しいと言うのだが・・・

続きを読む ブログランキング
宜しければ、1クリックして、ランキングにご協力下さい。






 


 


 



 





 





 





 





 













posted by 綾悦 at 14:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 2006年第1期ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

大河ドラマ 功名が辻 第六回 2006年2月12日放送 あらすじ&レビュー

第六回 山内家旗揚げ
お市が浅井長政に嫁いだことで、信長は都を視野に入れることができるようになった。長政は琵琶湖を眺めながら、万難を拝してそなたを守るとお市に誓う。
千代は半兵衛の屋敷に赴き、長政の話をする半兵衛から近江の情報を仕入れる。驚く一豊に千代は、「これからは世の動きをしっかりと見極めねば一国一城の主にはなりません。」と言う。

































新右衛門の大家族が山内家にやって来た。一豊は五十石の禄高でさらに七名もの大人数を養うことになったのだ。もう一方の腹心である吉兵衛は、亡くなった妻の後嫁をもらわず、一人身を通している。千代は夫婦水入らずの時、一国一城の主になった暁に一豊はどうするのか、側室をもらうのかと聞く。しかめ面で「千代だけおればよい。」と言う一豊。千代は嬉しそうに甘える。
子供達は遠慮なく食べ続け、みるみる食べ物の蓄えが減っていく山内家。千代は一日食べれば一日断食で水を飲むという生活を続ける。嫁入りの時に手渡された十両には手を付けず、町へ行き着物を売り、行商人のように叩き売りまでして明るく頑張るのだった。千代がとうとう玄関先で倒れているのを見つけた一豊は、新右衛門一家を呼びよせてしまったことを今になって後悔するのだった。
織田家では、新しい家来として明智光秀を五千石の厚遇で迎えることになった。若い頃道三に仕えていた光秀の幼なじみである濃姫は、信長と光秀は日輪と月のように違うと案じる。光秀仕官の日、長い月日を隔てて光秀に再会した濃姫は、父の愛した桜の下で光秀を慕っていた頃のことを回想する。光秀と濃姫は同じ城内でそれぞれの思いを胸に笛を吹くのだった。
ある日秀吉は山内家を訪れ、一豊は狩ってきた猪鍋を振舞う。千代はあらかじめ一豊に教えたことを秀吉の前で言わせ、一豊の株を上げようとする。それを見ていたねねは帰り道すがら、あの奥方もあなどれませぬと漏らすのだった。
光秀の仲介で、足利義昭が岐阜城にやって来た。光秀は信長に将軍を歓迎する礼法を教える。義昭は二ヶ月で京に進撃すると公言した信長を見直したように、「そちこそ足利の守護神じゃ。」と言う。
上洛に向けて、信長軍が動くことになった。一豊は、六角攻めの先陣を仰せつかる。
出立の朝、千代の縫った山内家紋の旗が出来上がる。
九月七日、六万人の信長軍は岐阜を発った。

レビューは
ドラマはお市、長政から濃姫、光秀に移る。激動の時代に伴い、生は多様化していくのだが、その移行の難しさを背負いつつも千代は才覚ひとつで解決するのだった。のはずが、あれよあれよという間に食い淵がなくなってしまう山内家。「カリスマ主婦」たる千代は、想像を巡らせて楽観的だった自分を改める。どこか不器用で子供っぽい男達に比べ対照的な生活力だ。時代を肉体化していく千代の姿がなんとも言えずいい感じである。



ブログランキング
宜しければ、1クリックして、ランキングにご協力下さい。







 





 





 





 



posted by 綾悦 at 00:36| Comment(0) | TrackBack(2) | 2006年第1期ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月11日

ドラマ 喰いタン  第五回 2006年2月11日放送 あらすじ&レビュー

バレンタインデーが近くなり、涼介とハジメはソワソワしている。その日ホームズの戸を叩いたのは、ハジメが好きな女の子、木下レイだった。藤原とかいう中学生に彼女がいないかどうかを調べて欲しいということだ。ハジメはがっかり。

ドラマ喰いタン続きを読む ブログランキング
宜しければ、1クリックして、ランキングにご協力下さい。





 


 


 



 





 





 





 





 













posted by 綾悦 at 22:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 2006年第1期ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ドラマ 小早川伸木の恋  第五回 2006年2月9日放送 あらすじ&レビュー

なおえに来た妙子。伸木とカナが話しているところに現れる。カナはとっさに、伸木は妙子と老後を楽しむ為に盆栽教室に通っているのだと言い、危機を脱する。
帰り道、妙子は、カナは感じのいい人だ。友達になりたいと言う。

ドラマ 小早川伸木の恋続きを読む ブログランキング
宜しければ、1クリックして、ランキングにご協力下さい。






 


 


 



 





 





 





 





 













posted by 綾悦 at 20:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 2006年第1期ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。