2006年04月30日

大河ドラマ 功名が辻 第十六回 2006年4月23日放送 あらすじ&レビュー

第十六回 長篠の悲劇
天正三年(1575年)5月、信長軍は長浜を出陣する。出陣する一豊に向かって、「お命は必ずお持ち帰り下さいませ。」と念を押す千代に一豊は、「命を無事に持ち帰ることが出来たら此度の戦は我が生涯の節所となろう。」と言う。「御武運信じております・・・」千代は一豊を見送る。
戦場では丸三日雨が続いていた。「いつご出陣を?」と尋ねる秀吉に信長は「雨に聞けい。」と言う。





























秀吉の元で腕を振るっていた源助に長篠の柵を作る命が下る。千代、なか、旭は反対するが、ねねは秀吉を庇い、源助は自分の腕が何かの役に立つならと、作事仕事に意欲を見せる。千代も出向くといい出すが一豊は制止する。源助は旭を説得して戦場に赴く決意を固める。後日ねねは千代を呼び、「四百石の武将の妻として誰の気持ちを第一に慮るべきか考えよ。」と、叱責する。
源助の的確な指示で、柵は半日で作り上げられた。鉄砲を使うという信長の作戦に気付いた一豊は六平太に、「殿もやっと頭に血が巡って参りましたな。」と言われる。源助は一豊の従者に従われて戦場を離れる。
長篠の戦いは信長の勝利に終わる。だが一方で、山内家には六平太が源助の死のしらせをもって帰ってくる。源助は自分の作った柵を見ようとして流れ矢に当たってしまったのだった。
信長の軍隊が帰ってくる頃、千代に子供ができた事を知った小りんは長浜に飽きたと言い、姿を消す。一豊は源助を死なせてしまった我が身を恥じ旭の前で自害しようとするが、秀吉が現れ旭にひれ伏し、一豊と千代を帰す。
旭は千代に会いたいと、山内家を訪れる。千代は「タゴサク」という雀の真似をして旭を笑わせ、旭の心を慰めようとする。
秀吉の気持ちで、旭には副田甚兵衛という男に嫁ぐ話が。気が乗らない旭を案ずる千代。そこへ義父市乃丞の重篤のしらせが入る。千代から子供が出来たと知らされた市乃丞は、「冥土の土産が出来た」と喜び、翌日息を引き取る。稲葉山落城を生き延びて八年後のことだった。

レビュー
千代の朋友になっていたかもしれない旭姫の悲劇。長篠に新しい時代の幕開けを轟かせたいくさだったが、無駄に一つの命が無くなった事をいかに周囲が受け止めるかという、各々に苦い教訓を与える回である。旭姫の手を取って泣きじゃくるかと思えば新しい側女を探したりと、アンバランスな態度の秀吉。この物語の中ではどこか心がイッてしまっている男として描かれており、それだけにねねの役割が重くなっている。それでも、たとえチンケと言われようが夫婦は一つ。不思議な表裏で繋がっているのである。
posted by 綾悦 at 19:21| Comment(0) | TrackBack(1) | 2006年第2期ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月21日

大河ドラマ 功名が辻 第十五回 2006年4月16日放送 あらすじ&レビュー

第十五回 妻対女
山内家では、一豊の右腕である知恵者、祖父江新右衛門が隠居して新一郎に家督を譲り、徳治郎は医者になるために京に行くこととなる。一人で酒を飲む吉兵衛に紫陽花を見せようと気を回した千代だが、吉兵衛は亀ヶ崎の戦いで一豊の頬から引き抜いた鏃を出し、ご当家の家宝、それがしの誇りだと一説ぶつ。一豊を守る事、それ以外にこの世に望みはないと言う吉兵衛に千代は胸を熱くする。



































六平太は望月六平太と言う名で山内家に近づき、家臣になろうとする。得意の忍術で一豊を守ると言う六平太だが、一豊は毛利の間者だと信じようとしない。六平太は、自分は真っ正直な一豊に惚れたと言い、山内家に居座ってしまう。
いとととしには子ができた。山芋を食べれば子が出来ると聞いた千代は、早速トライしてみるのだが。六平太は千代に、叡山の虐殺で変わってしまった信長は滅ぶ、その時死を賭して戦う一豊の危機に、自分が盾になって守ると言う。しかし千代も不安な気持ちでいた。
市乃丞の具合が悪いということで一豊と千代は、千代の実家に見舞いに行く。市乃丞は千代に、世継ぎが出来なければ一豊に側女を置けと言う。きぬは、市乃丞こそ子供ができなかったのに側女を作らなかった、間に受ける事はないと言い、一豊も、自分にとって女子は千代だけだと即座に答える。
六平太の妻としてやって来たさとと名乗る女はなんと小りんだった。小りんは一豊の子を産もうと夜這いをかけるが、一豊は逃げ出してしまう。小りんに子供の事を尋ねられた千代は正直に話す。すると小りんは一豊の子を産むと言い、怒れない千代は涙を浮かべて黙り込んでしまう。
夜、小りんは隙をついて一豊に夜這いをかけるが、一豊は振り払う。「千代に子供はできないよ。」と辛辣に言う小りん。すべて悟っていた千代は寝床に帰った一豊に、「旦那様は誰にも渡しませぬ。小りんには渡しませぬ。」と泣く。一豊は、「側女はいらぬ、わしにとって女子は千代だけじゃ。」ともう一度千代を抱きしめて言う。その時、長篠の戦いを告げる陣笛が鳴った。

レビュー
戦いの合間のまどろみ、そしてその都度煩雑なものに囲まれつつも、有機的な家族・家臣同士のつながりについて描かれている。ふっとした心のたまり場のような回だが、この話のテーマとしての夫婦愛が貫かれており、内面的時代劇の情緒がいかんなく発揮されている。ドラマ新クールに入って、作り手側からはさらなる深化をはかる試みがなされており、それぞれのキャラクターが言葉を研ぎ澄ませながら新しい人間の生き方を探している、といった回である。ああ、あんなつらい顔ができるんだ・・・千代のリゴラスさの反面が格段の光を放ち、主役抜擢の見立てはきっと正しかった、そんな風に思える回だった。


ブログランキング
宜しければ、1クリックして、ランキングにご協力下さい。



posted by 綾悦 at 13:14| Comment(0) | TrackBack(1) | 2006年第2期ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月10日

大河ドラマ 功名が辻 第十四回 2006年4月9日放送 あらすじ&レビュー

第十四回 一番出世
秀吉は小谷城から今浜に移り、琵琶湖のそばに城を築き、長浜と改めた。 一豊は新しい家を賜る。千代は相変わらず風呂を洗ったり、せっせと体を動かして働いている。吉兵衛は千代にそのようなことをするべきでないと言うのだが、「この方がご飯も美味しくいただける。どうかこのまま続けさせて下さい。」と千代は言う。(下へ続く)


































一氏の妻とし、吉晴の妻いとがやって来て山内家の風呂に入り、たいそう興奮して帰ってゆく。それぞれの家に帰り、としは一氏に叱られてべそをかくが、いとは吉晴を炊きつけて夫婦ではしゃぐ。一方、一豊は近頃一氏の態度が急によそよそしくなったことに傷ついていた。それを聞いた千代は怒り、両家に文句を言いに行こうとするが、一豊は、「女子には分からぬ。」といっていさめる。
ある日千代はねねに呼ばれ、城に上がる。城の中は寂しいと言うねねに千代は、琵琶湖の果てのなさが人を寂しくさせるのだと言う。ねねは秀吉の女狂いが激しくなったことを憂いており、「戦のたびに女子が増えて行く。あれは病じゃ。」と心中穏やかではない。
ただ、考えれば考えるほど、自分は秀吉の妻しかできないと言うねねに対し、千代も激しく同意して二人は手を取り合う。
千代は帰る途中、秀吉の母なかと会う。そうとは知らずに普通に接していた千代だが、次の朝なかが「うちのねねさはきつうて・・」と言っているのを聞き、そうと知ってびっくりしてひれ伏す。なかは朝食をご馳走になり、千代から秀吉の側女の話しを聞く。「とんでもにゃあ。」となか。「まことにとんでもにゃあことにございまする。」と千代。早速城に帰ったなかは秀吉を引っ叩いて叱責する。ねねはなかに礼を言う。「あれで救われたのでございまする。」
どういうわけかねねの悋気も収まり気を良くした秀吉は、千代のお陰だと一豊に礼を言い、ついでにもうひとつと頼みごとをする。それは、妹旭をなんとかして長浜に連れてきて欲しいということだった。一豊は千代を伴って旭のもとへ。千代は夫婦で歩くのが嬉しくて仕方が無い。
はるばる来た一豊達に対し、案の定旭は「城には行くのは嫌。」と言う。一豊は旭の夫げんすけに、秀吉はげんすけをゆくゆくは右腕にしたいと考えていることを言うが、虫一匹殺せないげんすけが侍になれそうもない。だが、げんすけは百姓もしたくないことと、建物の作事仕事ができれば役に立つということから、長浜行きを決意する。旭は本当に戦に出なくてもよいのならと、すごすごと夫に従うのだった。
一件落着の一豊の家に堀尾夫妻がやって来る。「わしも湯に入れてもらえぬか?」と吉晴。
極楽極楽と水入らずで仲良く風呂に入る堀尾夫妻。それを聞いて、薪をくべる千代と一豊は顔を見合わせて微笑む。

レビュー
組織の重要なポジションを担うようになった一豊。主人の夢を担う大仕事を任されていく。同僚の羨望にじっと耐える姿が印象的だ。お市、旭といったごっど姉ちゃま方をサポートする二人は、確かな人間性の復古=おおらかで賞の受賞が確実であり(年末発表されるとか!?)、紛糾した事態にいちばんの手腕を発揮する暖かさが描かれていて良い。



ブログランキング
宜しければ、1クリックして、ランキングにご協力下さい。



posted by 綾悦 at 11:52| Comment(0) | TrackBack(2) | 2006年第1期ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月03日

大河ドラマ 功名が辻 第十三回 2006年4月2日放送 あらすじ&レビュー

第十三回 
信玄の急死・足利義昭の追放で信長包囲網は崩れ、小谷の浅井長政は完全に孤立した。千代は案ずる市のことをねねに話し、市様贔屓だと皮肉を言われる。小谷城攻めが始まった。浅井久政は自刃する。秀吉は市を助ける策があると信長に進言する。即ち長政が侘びを入れ小谷の城を明け渡せば罪は不問、織田家の家臣として家族共々取り立てることである。信長は「承知した。行け。」と言う。(下へ続く)


































長政は交渉に来た秀吉に、「他国で生きながらえる気は無い。」と言うが、市と三人の姫を道連れにするつもりは無いので、市を説き伏せて下されと言う。秀吉は万福丸が殺されぬように信長を説得すると市に約束し、信長の元に帰る決心をさせる。この世に生を受けて以来悲しい事しか知らぬ万福丸に、生まれて来てよかったと思える時を与えてやりたい。それが市の願いだった。市と万福丸、二人の姫君は泣く泣く長政と別れる。
本丸攻めが始まり、炎に包まれながら長政は切腹した。
疲れて倒れた市を見守る信長。「兄上 長政は良き夫でございました。」私は疫病神のようなものだと言う市を信長は、「たわけた事を申すでない。」と抱きしめる。だが、万福丸を助ける事は許さなかった。
秀吉は一豊に、関が原に連れて行き磔の支度をしろと言う。父の記憶を思い出し「できませぬ。」と言う一豊だが、秀吉は一豊を腰抜けと罵る。いつも功名を上げると言っておきながら敵方の嫡男を殺せないのか、殺せ。わしの命に従わねば謀反じゃ、逆賊じゃと怒鳴り散らす。一豊は秀吉に言われた通り、万福丸の死刑執行を執り行なう。
千代の元に戻った一豊。
「疲れた・・。」そこに信長が現れ、市の打ち掛けを持って城に上がれと直々に命令する。
千代は城に上がり、市に内掛けを献上する。再会を懐かしむ二人。
「お懐かしゅうございます。お約束の打ち掛けをお届けに参りました。」
「忘れずに縫い上げてくれたのじゃな。」
「はい。お市様の小谷での幸せを祈りながらひと針ひと針縫いました。」
「そなたは変わらぬな。」
万福丸のことを聞かれた千代は、その夜一豊に万福丸の行方を尋ねる。一豊は嘘をつき通せず、万福丸様を磔にしたことを告白する。千代は一豊の手を握り、よくぞ話してくれましたと言う。
「千代、功名とは一体何じゃ?教えてくれ?」
一豊は秀吉に返す言葉も無かったことを話し、自分のこれまでの行き方が分からなくなったと言う。
「分かりませぬ。ただ、千代は殿がこうして涙されるお優しい心の持ち主で嬉しゅうございます。安心いたしました。」
侍奉公の辛さを絆をかみ締めつつも、絆を深める一豊と千代だった。
千代は万福丸の死を市に黙っているつもりだったが、市は千代の縫い目の乱れに万福丸の死を悟る。千代は、手を下したのはわが夫山内一豊、申し訳ございませぬ。とひれ伏す。市は、秀吉を信じた自分が愚かだったと呟いて言う。
「乱世じゃ。連なる恨みは断ち切らねばならぬ。されど、兄の手で斬って欲しかった。」
城に家臣を集めた信長は、長政らのしゃれこうべを杯にして酒宴を開く。木下から羽柴に姓を変えたばかりの秀吉は喜んで杯を上げる。昔の主朝倉義景の骨の前で躊躇する光秀に迫る信長。急に市が立ち上がり、「喜んで杯を煽る猿、そなたが一番汚らわしい。」と秀吉に言葉を吐き捨てて出て行く。
一人になった信長は長政の骨に向かって言う。「長政、わしはお主が好きじゃった。」
信長から唐国四百石を与えられた一豊だが、大そう気を落としていた。千代は一豊を元気付けようと、今浜に引っ越したいと言い出す。引越すことで一豊の心を癒すことになれればと千代は思ったのだ。何があろうと一豊を支えていこうと決意を新たにする千代であった。

レビュー 
冥府魔道信長の標的は浅井家に。敵方嫡男を戦国時代に残す事は矢張り許されなかった。飽くこと無く続く歯がゆい悲劇にとうとうお市も巻き込まれてしまう。歴史に待ったをかけたい一豊の無念。決意を固めた千代の凛々しさが十分に発揮されており、雨の月曜日のような憂鬱・苛立ちに、さらに眩しく清い光を投げかけている。


ブログランキング
宜しければ、1クリックして、ランキングにご協力下さい。




posted by 綾悦 at 01:10| Comment(0) | TrackBack(3) | 2006年第1期ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月01日

大河ドラマ 功名が辻 第十二回 2006年3月26日放送 あらすじ&レビュー

第十二回 信玄の影
治兵衛は孔子の教えなども学びつつ、成長し続けていた。秀吉は小谷周辺の豪族宮部氏に頭を抱えていたが、和平を結ぶ為に治兵衛を人質にすることにする。秀吉は一人で宮部氏まで談判をしに行き、ぜんしょぼう(?)の妹を人質にもらってくる。  
(下へ続く)


































一連の信長の所業に悩む一豊に半兵衛は、信長は古いしきたりと戦っているのだと言う。
治兵衛の旅立ちの日が来た。別の世に生まれていればと千代は嘆く。「人の定めに負けてはいけませんよ。」
無念の関白・豊臣秀次とはこの治兵衛のことである。
坂本へ行くことになった光秀の妻槙は千代に世話になったとあいさつに来る。何か恐ろしい事が起こりそうなことが起きそうだと言う槙に千代は、「お槙さまが暗いお顔では明智のご家中が暗くなりますぞ!」と元気付ける。
武田信玄が上洛の兵を挙げる。小谷城の近くで待機していた一豊の元に小りんが現れる。
「あんたに会いに来たんだよ。」と言う小りんは「逃げなければ斬るぞ。」と言う一豊に、斬れ斬れと暴れて一豊を困らせるのだった。隠れ家に帰った小りんは六平太に「生まれて初めて惚れた。」と一豊への思いを打ち明ける。
武田が小谷に迫る中、岐阜の信長軍の家族達も戦に備え出す。なぎなたの稽古をするねねと千代。
再度一豊を訪れた小りんは吉兵衛を使って一豊に会おうとする。命の恩人を無理矢理返してしまった一豊は気になって追いかけるが、そこには老僧に姿を変えた六平太が。両者は組み合いになり、一豊は隠れていた六平太の顔を振り返りざま認める。以前、三度も会った事のある二人だが、一豊は六平太の正体についてまだ知らなかった。
六平太は「魂を俺に売れ。」と、一豊を毛利のスパイに誘う。
「わしは日輪のもとで堂々と功名をたてる。」一豊は千代の言葉を誇らしげに言う。六平太は古寺を指し、踵を返す。
古寺には小りんがいた。
小りんは一豊に、「ここから一緒に逃げよう。」と言う。あぶれものを集めて野武士の棟梁になれと言うのだ。道を踏み外して初めて人らしい生き方ができると言う小りん。
「わしには天運がついているのじゃ。千代がそう言うた。」と一豊は六平太の時と同じように言うが、小りんの心はなお乱れてしまい、一豊は来たのが誤りだったといって帰って行くのだった。
秀吉から信玄の病の報を聞いた信長は光秀の助言で、義昭の悪政をいさめ失政を糾弾する弾劾状を出した後、義昭の討伐へ。
義昭の陣に火がつけられ、信長軍が攻め入る。現れた信長に義昭は、こんなことをしても反信長の結束が固まるだけだと言うが、信長は「望むところでござる。歯向かう者は斬り従えればよいのでござる。」ときり返す。光秀が半生をかけて再興した足利将軍家はここに滅んだ。
「わしは夢を捨てた。わしのこれまでの人生は何の為にあったのか・・・」
義昭に夢のすべてを託していた光秀は、槙に呟くのだった。
小谷城を目指して出陣した信長。
「お市様、無事にお戻り下さいませ。」
千代は市の無事を祈りながら内掛けを縫うのだった。

レビュー
大きな歴史の転換の中心にいた義昭が都落ちになる。小りんの一回り大きくなった恋心に自らの愚かさも悟った一豊。惚れられたら賢い退却をしなければならぬという教訓を得ただろう。心の足踏みは逆に、より大きな使命へ自分を駆り立てることだとようやく分かった一豊は、千代のことばで誘惑から救われるのだった。騒乱の渦中にあって自分はどう生きればいいのか、それを考えさせる回。





ブログランキング
宜しければ、1クリックして、ランキングにご協力下さい。



posted by 綾悦 at 19:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 2006年第1期ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。