2006年05月20日

大河ドラマ 功名が辻 第十九回 2006年5月13日放送 あらすじ&レビュー

第十九回 天魔信長
「よねはおとなしいしとやかな娘にございます。」と書かれていた千代の手紙を受け取る一豊。ふと、無事長浜に帰れるのかと不安になるのだった。六平太は、「織田家を見限りませぬか。」と毛利側に通じ画策していた事を告げる。自分はもう千百石を知行する身だとその申し出を拒否する一豊に、「命あっての千百石ではないか。」と言い残して六平太は姿を消す。
































光秀の娘、玉子は信長の命令により細川忠興に嫁ぐことに。「忠興様は幼い頃より存じ上げております。玉はきっと幸せになりまする故。」と、玉子は父の持たせようとした懐刀を返す。玉子の話を聞いた千代はよねを見ながら感慨にふける。
荒木村重が毛利に寝返った。秀吉は村重を説得しに行くことを決意する。「こいつは運を持っておるのだ。」と、秀吉は一豊を連れて摂津有岡城へ。だが、村重はことがおこったからには後には引けぬと、秀吉を認めながらも取り合おうとしなかった。さらに村重は嫁いでいた光秀の娘ともを返し、決死の覚悟で持久戦を構えた。秀吉勢からはとうとう黒田官兵衛が有岡城へ出向くが、着くやいなや消息はとだえてしまう。
「筑前守には官兵衛が必要なのだ。」と半兵衛は虫の息で呟く。程なく千代から見舞いの手紙が来るが、半兵衛はすでに臨終の時を迎えていた。半兵衛は秀吉と一豊の前で、安土殿には天下は取れない、もう少し生きていれば殿と一緒に祝えたものをと悔しがり、最後に「私が生涯好きであった女子は千代殿じゃった。」と言い残して息を引き取る。

レビュー
半兵衛の謎が明らかになり、物語に少しばかり爽やかなメロウさを宿した回である。信長、濃姫、市、村重など、己とは何かを語り、そしてその物差しにすがり生きる人々の姿が描かれている。物語もだんだん佳境に差し掛かってきたが、舘ひろし演ずる信長の持ち味が十分発揮されているのは特筆すべきことだろう。人々の怨念につゆほどの涙も見せない信長のそら恐ろしさが幻影のように冷たく、残りの人々を巻き込んでいくすごみが静かで圧倒的だ。それだけにさらに濃姫の存在が浮き立ち、力ある言葉を吐かせている。そこにある不通の感覚は、なにがなんでも愛を守り抜く千代や一豊と対照的だが、リアリティの背後にある、終わりない超越性への入り口を思わせる。



ブログランキング
宜しければ、1クリックして、ランキングにご協力下さい。


posted by 綾悦 at 14:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 2006年第2期ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。