2008年01月20日

TBSドラマ「だいすき!!」第1回 2008年1月17日放送 あらすじ&レビュー

障害者のワークセンターに通う福原柚子。軽度の知的障害を持っていたが、同じセンターで働いている、同じ障害を持つ沢田草介と恋人同士。実は、柚子はすでに草介の子供を身ごもっていた。だが、草介はある日、事故で突然この世から居なくなってしまう。頑なに子供を生むという柚子に母の美代子は猛烈に反対するが、弟の蓮は子供を産ませてやりたいと言う。小さいときからいじめられる姿を見ていた蓮は、姉に好きな人ができて嬉しいと思っていた。だが、何よりもかけがえのない我が子が子供を産み育てる苦労を負えなどと、美代子には言えるはずがない。それが「お母さんみたいなお母さんになりたい」という柚子の一言で心を動かされ、美代子は柚子を応援することに。そして柚子は女の子を出産する。
草介の忘れ形見を、柚子はひと時も離れず大事にするのだが、保健センターの勝川は、柚子の育て方は乱暴で、何か事が起こる前に、施設に預けるべきだと言う。三ヶ月検診の日、柚子は離乳食の本に夢中になるあまり、赤ん坊を置いて一人で列車を降りてしまう。幸いにも居合わせた女子高生に保護され事なきを得る。この事件に対し、勝川は柚子の子育てに対する熱心な姿を目の当たりにして、「あなたのその愛情で、ひまわりちゃんをしっかり育ててください。」と考えを改めるのだった。

人は生まれ人になり、そして人を産み育てていく。そういう人生の営みを、「障害者」の自立を通して浮かび上がらせているドラマ。脚本の篠崎絵里子氏については、受賞歴こそないが、「クロサギ」「いま、会いにゆきますTV版」などの印象的な作品を手がけており、きっと何か目に見えないこだわりに満ちた人なんだろう。こんな作品を手がけるチャンスを謹呈された栄誉を感じていると思う。
なんともカラフルな第1話を見たが、障害者問題を遡及する観点から見れば、「あんたに分かるものか」というところまでいきそうではあった。胸を張って生きる柚子の姿が向き合っているもの、それは社会という複雑怪奇でドロドロしたものではなく、自分自身の愛であろう。繰り返しばかりの人生を、時を忘れるほどにせいいっぱい吸い込みながら、母としてのありったけを見せてゆく柚子の姿。
彼女は「障害者」だが、子育てのマニュアルを一句一句暗唱したり、我が子への心情を切々と訴えることのできる、とっても心の健康な、救いのある女性である。そこにはすでに、「分析できる自己」「余剰を働かせる自己」が存在していて、どんな見地で考える算段だとか、どんな配分で生きるがいいのかという問題意識を捉えている。しかしそこでぶつかるのが社会のものさしや、コミュニケーションの問題だ。それは時として、人としての生き方にケチをつけ、あるべきものを生煮えで押し付けようと巡回している。その所謂「巡回、コミュニケーション力」なるものが、理由もなく安易な正当化として掲げられる昨今の状況を対置する必要はないだろうか。このドラマで作り手側は、「巡回」することではなく、その反対である「内に留まること」を示唆しており、私ははじめ、そのこだわりに興味を抱いた。否定してもしきれない素のものを、まっさらな気持ちで眺める、その一工程がなければ、到底「いのちの思想」にはなりえないのではないだろうか。それはさらに、道は自然についていくのではなく、自らの潔癖なひたむきさが呼び込むものなのだという、説得力のある人生哲学にもつながっている。

というわけでありまして、「そこまで言わいでも」って程滔滔と述べてしまったが、次回以降が楽しみだ・・・。ウンウン。

追記
企業の求人募集欄によく「コミュニケーション能力」とあるが、この言葉には常にオエッとなってしまう。なにか個人を歯車にするための体裁のよい言葉に聞こえてしまうのだ。ガチガチに着飾った「コミュニケーション能力」がなくてもいいんだ。このドラマではその辺りを表現してもらいたい。
posted by 綾悦 at 22:43| Comment(17) | TrackBack(0) | 2008年第1期ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。