2006年01月08日

新春ドラマ「きみの知らないところで世界は動く」 2006年1月2日放送 あらすじ&レビュー

あらすじ
北村和哉(鶴見辰吾)が、高校の同窓会のため故郷宇和島に帰ってくる。
40歳を過ぎ、中学3年生の息子を持つ父になった和哉だが、「進学したくない、大人
になりたくない」という息子のメールに返事を出せずにいた。今の自分は、高校時代の
自分から見てどんな風に見えるのだろう。70年代後半、和哉にはテツガク好きな親友
と大好きな彼女がいた。のどかで幸せな高校時代。ただ、自分は、親友の心の闇にも、
彼女の細い神経がいまにも切れてしまいそうなことにも全く気づいていなかった。そして、
仲良し三人のうち、一人はもう同窓会に出席できない。
「きみは今の私をどうみているんだろう。空の上から・・・」

高校時代の夏、和哉(細田よしひこ)は、牛鬼祭りを前に、杉浦カヲル(前田亜季)に
プロポーズする。厳しい父親の影響で、少し気後れな部分はあるものの、カヲルも、
和哉を愛しており、二人は宇和島城の天守閣前で結婚を誓う。
「自分は世界で一番幸せな男子高校生だ。」和哉は言う。
祭りの日、カヲルの父の許可を得られずに落胆していた和哉は、母(渡辺えり子)から
「女の子の心は壊れやすい、ガラス細工みたいなもの。やさしくしてあげなきゃ駄目。」と
諭される。親友ジーコ(浅利陽介)は、「人間の親はいつまでも世話を焼く。
大人が大人に世話を焼くのだから、もともとうまくいくわけがない」と、和哉をいさめる。
さらにこういい足す。「人は1番好きな人とは結婚できないものだ。一番好きな相手と一緒でないから人は結婚して子どもをつくるのだ。」と。
そこへ、姉のはからいで抜け出すことができたカヲルが現れる。二人は祭りを楽しむ。
深夜の公園、二人見つめあい和哉は言う。
「俺は死ぬまでカヲリを愛している。東京の大学を出たら結婚しよう」
そんな和哉の性格を、すごく心配だとカヲルは笑うが、大学を卒業したら結婚する
ことにうなずく。そして、「死ぬまで一番好きなのは、北村和哉だと思う」と言う。

1977年春、和哉は東京の大学、カヲルは松山の大学に進学するが、ジーコは七つの
大学をすべて不合格になり、それぞれのスタートを切る。
和哉は東京に向けて旅立つ。見送りに来てくれたジーコは、カヲルを見て「最後の別れ
のようだった」と言う。
4ヶ月後、和哉は、カヲルからの手紙に「体を壊してしまい、何も食べられない」と
いう内容の手紙を受け取り、びっくりして宇和島に戻ってくる。
入院したカヲルに涙する和哉に、姉の緑(キタキマユ)は、カヲルの病気は父のせいだ
けではない、カヲルは、一方で自分を叱ってくれる存在を求め、父に依存しているのだ
と言う。
その日の夜、ジーコの家で和哉はいみじくも、「カヲルの病気の原因のひとつはお前に
ある。カヲルのような子は、強い意志を持った人間の遠心力に巻き込まれてしまうのだ。」
と言われ悩む。次の日、和哉は病室にビスケットを持っていき、カヲルに食べさせる。
日に日に元気になってゆくカヲル。だがある日、和哉は、「カヲルは一向に病を治す気が
ない。
この状態が楽でずっとこうしていたいだけ、守られているのが好きなのだ」と責め、とうとう
カヲルを発狂するように泣かせてしまう。カヲルの家族により病室は面会謝絶になって、
二人は離れ離れに。和哉は緑から、カヲルに過食が始まり、はげしい鬱になり手がつけ
られなくなったことを知らされる。
しばらくして、和哉はジーコをつかってカヲルを連れ出すことに成功する。カヲルは元気
な笑顔で和哉の不安をかき消してくれた。「失われそうな夏を取り戻そう」
三人は海で一日を過ごし、思う存分ハメをはずす。その夜カヲルがいなくなったことに気
がついた和哉とジーコは、給湯室の冷蔵庫の前で半立ちになってごそごそむさぼり食う、カヲルの姿を発見する。
「見ないで!」とっさにカヲルはジーコに抱きつく。ジーコは優しく、「食べられるだけ食べ
たらいい。そういうことは君の価値とは関係がない。どんなに食べようが、痩せようが君は
素敵だ。そして君の大好きなこの男(和哉)は、君がどんなになったって愛してくれる。大
丈夫、何も考えるな。」と言う。
翌朝ジーコは、はじめて自分のことを語る。神童と呼ばれ、何でもできた幼年時代。
それがいつのまにか親を裏切ることを目的に生きていた自分。でも結局わざと道を違えるそれしかない。たまらなくこわい。さらにジーコは続けて言う。「正直に言うと、大学はわ
ざと落ちたわけじゃない。親の喜ぶ顔が見たくなって、自分のためだけに生きようとした。
だが神童はさびついてしまった。」と。
そして、「もっとワガママになろう。」と言い、一人シャツを脱いで長い砂浜の向こうに
消えていってしまう。
ジーコはその日の夜、変わらぬ姿となって発見される。
悲しみも癒えぬ頃、漁船の上でカヲルに別れを切り出された和哉は、何も言えずその肩
の重みを感じるだけだった。

あの日以来和哉はカヲルに会うことはなかった。
「結局人は失うことでしか大切なものに気づかないのかもしれない。」

夜、和哉は同窓会に少し遅れて現れる。懐かしいクラスメートの中に、カヲルはいた。
健康なカヲル。結婚して、子供も作っていた。
二人は、時間が流れても愛が変わらなかったことを知る。
「ジーコ、君の知らない世界は、そう悪くはないぜ。」

帰りの汽車から、和哉は自分の息子にあのメールの返事を出す。




レビュー

原作は「世界の中心で、愛をさけぶ」の片山恭一氏、脚本は岡田恵和氏。それぞれの
分野で人気を博す二人だ。
両氏の共通点は、事象の巧みな客体化と、自分達の住むこの現実世界を肯定したい、
完結したいという強い欲望にあるといえるのだが、どうすればこの世界を繊細な目で眺めながら同時に肯定できるのか、それが永遠の謎だということも強烈に感じさせてくれる。

何かを見つけるためには、何かを「する」ことが必要だ。若くみずみずしい感性は
年齢と共に色褪せてしまい、何か別のいいものに転化しようとする。その時感じる
疎外感、それはいったい何なのだろう。ぎりぎりのところで生きる人間は、何もないものに押しつぶされたり、予想以上に窮屈な孤独をおのが手に抱えている。片山氏
にとって「する」ことは、岐路に立った人間がどこまで自分を見渡せていたのかという
ことの確認でもあり、岡田氏にとっては、その確認こそが心に留まる生きた台詞な
のだろう。

四十歳の「親」になった主人公は、息子の危機的状況に、そろそろ人間の根源的な
弱さについて教えてやるべきか、迷っている。そんなくだりから始まる。
若い頃の彼は楽天的な青年。親友にいいところをもっていかれようが、彼女がわけの
わからない病気になろうが、自分はまちがいなく世界の中心にいる。そして彼らの
愛情を感じて生きている。そう信じることのできる恵まれた青年だ。
(そのかけがえのない眩しさを、和哉役の細田君は天才的に表現していたと思う。シラ
ケ世代と言われたあの頃、あのキャラは実に少なかった。ましてや恥ずかしげもなく愛
を語るなんて、とてもできる時代ではなかった。)
登場する三人はいずれも片山氏の分身だろう。そしてそれぞれ別の何かに惹きつ
けられながらそれぞれの生を生きてゆく。感興主義にひそむ空洞。
しかし、その空洞のすきまを埋めるひとつひとつのカケラからきっと、自我は目覚める。
謎は解けてゆく。そう言いたかったのかもしれない。

「オラこんなとこいやだ・・」「おやじの海もイヤだ」
こんなことを思ったか思わないかは知らないが、とにかくジーコは永遠の世界へ逃げて
いってしまった。
神様に続く門の前で人は逡巡するか、立ちすくむかしかない。虚しい言葉を教条のごとく
のたまわねばならぬ父親という役回りにおいても主人公は、その柔らかい自我で「人生は悪くない」と言ってのける。その崇高に似た感情は、ずるさ弱さからきているのではなく、もともとひとつの完全体として人に備わっていたものなのかもしれないと、そう思わせようとするのだ。そしてそんな彼に、人妻となったカヲルは「世界で一番」と言う。
(コンチクショ、私にはあまりに間口が狭い世界ダ・・)
とにかく、「残されたものの日常」という問題を差し引いても本作は十分に重く、なおかつ
人間の光と闇に真摯に向き合った作品だと、私は評価したい。またこの脚本化は
岡田氏にこそ可能な作業であって、いつかまた彼の作品に、世界へのもっと強い結び目を見つけたいものだと思う。


追記
私にも高校時代、神様をよく口にする友達がいた。国語の教師になったということは知っ
ているがその後の彼や、美しく暗い青春に語り合った友達にも長らく会っていない。ただ
あの面々にして、私ほどバランス感覚がない男はそうないんじゃないかとあらためて思っ
ている。



原作 片山恭一
脚本 岡田恵和
制作 越智篤志
演出 松園武大
主題歌 ニール・ヤング 「Heart of Gold」



ブログランキング
宜しければ、1クリックして、ランキングにご協力下さい。


posted by 綾悦 at 18:33| Comment(1) | TrackBack(2) | 2006年 スペシャルドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
 TBありがとうございます。私は原作は読んでいないのですが、ドラマだけみても世界観は伝わってきました。もう少し放送時間が長かったらよかったのに、と個人的には思いました。
Posted by かりん at 2006年01月09日 15:41
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/11462725

この記事へのトラックバック

「きみの知らないところで世界は動く」レビュー
Excerpt: 「きみの知らないところで世界は動く」についてのレビューをトラックバックで募集して
Weblog: ドラマレビューTBセンター
Tracked: 2006-01-09 01:24

宇和島城
Excerpt: 宇和島城宇和島城(うわじまじょう)は日本の城。所在地は愛媛県宇和島市。.wikilis{font-size:10px;color:#666666;}Wikipediaより引用- Article- Hi..
Weblog: 日本の城ピックアップ
Tracked: 2006-01-11 07:05
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。