2006年01月21日

ドラマ 小早川伸木の恋  第二回 2006年1月19日放送 あらすじ&レビュー

カナと伸木、おしゃれな店で一緒に酒を飲んでいる。カナは言う。伸木と友達になりたい。男女の関係は苦手で、恋とか結婚とか男とか、一切興味はない。いい友達になりたいと。複雑な伸木。一方、妙子は仁志に、離婚の相談をしている。妙子の怒りはおさまりそうにない。「怒りは無謀をもって始まり後悔によって終わる。」アリストテレスか誰かの言葉を引用し、「ダンナの気持ちを確かめてからでも遅くはない。盲目的に愛していた頃があったはずだから。」さりげなくフォローする仁志。
ドラマ小早川伸木の恋 第二回続きを読む    ブログランキング
宜しければ、1クリックして、ランキングにご協力下さい。




 



 


 



 





 





 





 
















posted by 綾悦 at 03:26| Comment(0) | TrackBack(1) | 2006年第1期ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

ドラマは第2話から見ても大丈夫
Excerpt:  今日は、このあと説明会などに行くので、帰ってから・・・ ドラマは第2話から見ても大丈夫という持論を展開します! はい! ということで・・・説明会から帰ってきました。いやぁ疲れた・・・。 ..
Weblog: 仮面ライダー株賭(カブト) 起業!鬼業 日記
Tracked: 2006-01-22 00:39
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。