2006年01月22日

ドラマ 喰いタン  第二回 2006年1月21日放送 あらすじ&レビュー

港で死体が上がった。被害者は、中国人ワンテイジュン。5年前に来日、2年前に中華料理店西宝飯店を出している。胃の内容物が豆腐・挽肉・長ネギ・唐辛子・味噌等であったことから、被害者が食べていたものが麻婆豆腐であると推測、署長山内は中華街の百九十軒から一軒だけを見つけ出せるのは喰いタンだけだと、刑事緒方を高野につけ、中華街の捜査が。名物の麻婆豆腐をどんどんたいらげていく高野。感想は「好吃(ハオチー)!!」 ドラマ喰いタン続きを読む ブログランキング
宜しければ、1クリックして、ランキングにご協力下さい。





 


 


 



 





 





 





 





 













posted by 綾悦 at 01:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 2006年第1期ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。