2006年02月02日

ドラマ 神はサイコロを振らない  第三回 2006年2月1日放送 あらすじ&レビュー

ホテルの電話で木内はヤス子に電話をかける。あと八日で402便の乗客が消えてしまうことを亜紀にも伝えてやるべきだとヤス子は言うのだが、木内は「お前は消える方じゃない。亜紀の気持ちが分からない。」とヤス子をいさめる。そして「今日からお前の所に泊まるから・・・。」ヤス子は戸惑う。神はサイコロを振らない 続きを読む ブログランキング
宜しければ、1クリックして、ランキングにご協力下さい。






 


 


 



 





 





 





 





 













posted by 綾悦 at 00:28| Comment(0) | TrackBack(2) | 2006年第1期ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/12619746

この記事へのトラックバック

神はサイコロを振らない the 3rd day
Excerpt: 『10年前大切だった友達は今もそばにいますか?』 =東洋航空402便が再び姿を現した3日後= 「1996年、長崎空港へ向って飛び経った東洋航空402便が、 忽然と消息を絶った。 そのとき、機内..
Weblog: どらま・のーと
Tracked: 2006-02-02 13:10

神はサイコロを振らない 第三話 「10年前大切だった友達は今もそばにいますか?」
Excerpt: 「姉ちゃん飛行機が墜落したとき遺族会だったんだって? なんで話してくれなかったの?」聞く菊介 「これみたでしょ」と開封風済みの手紙を見るヤス子 「人のもの勝手に読んじゃだめでしょ?」 菊介は、ミス角煮..
Weblog: どらまにあ
Tracked: 2006-02-03 14:53
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。