2006年02月09日

ドラマ 神はサイコロを振らない  第四回 2006年2月8日放送 あらすじ&レビュー

ヤス子は亜紀を頭から足先までしげしげと眺め、起こってしまったことの摩訶不思議さにため息をつく。死んでいたはずの人間がこうして生きていることに。その朝木内は、十年前の居酒屋でのことをヤス子に謝る。木内にとってその喧嘩は、ついこの前のことなのだ。ヤス子と木内は夢を語り合っていた。
神はサイコロを振らない 続きを読む ブログランキング
宜しければ、1クリックして、ランキングにご協力下さい。






 


 


 



 





 





 





 





 













posted by 綾悦 at 12:34| Comment(0) | TrackBack(3) | 2006年第1期ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

威風堂々
Excerpt: 大爆笑レイディオ7.mp3ダウンロード用リンク笑いの殿堂はここにあり!!今回はどんな話題で皆を笑わしてくれるのか?!いま最も熱いラジオの始まりだーーー(*`∀´*)ノ こちらをクリッ..
Weblog: 大爆笑レイディオ
Tracked: 2006-02-09 13:34

神はサイコロを振らない the forth day
Excerpt: 『10年前の夢を今も覚えてますか?』 東洋航空402便が再び姿を現した4日後 「摩訶不思議なり。 ほんの5日ほど前には、 この物体は死亡したものとされていた。 それが今、ここに生きている。 ..
Weblog: どらま・のーと
Tracked: 2006-02-09 23:11


Excerpt: 神はサイコロを振らない神はサイコロを振らない(かみはさいころをふらない)1926年12月にアルベルト・アインシュタインからマックス・ボルンに送られた手紙の中で、"Der Alte w?rfelt ni..
Weblog: あのドラマに夢中!
Tracked: 2007-07-30 17:35
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。