2006年02月20日

ドラマ 輪舞曲(ロンド) 第六回 2006年2月19日放送 あらすじ&レビュー

ずっと言えなかったことを伝えると言い、ショウ(以下琢己)は自分の本当の名前は金山琢己で警察官だとユナに告げる。嘘だと信じないユナに琢己は、自分の父も母も韓国人で、父は神狗に殺されたと話し、ユナの携帯に自分の名を残して去る。ユナは「楽しかった」と言う琢己の後ろ姿に向かって、「私もこの国であなたに会えて楽しかった。だから会いたい、もう一度。」と日本語で言い、二人は束の間抱きあうのだった。
続きを読む ブログランキング
宜しければ、1クリックして、ランキングにご協力下さい。






 


 


 



 





 





 





 





 













posted by 綾悦 at 13:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 2006年第1期ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。