2006年02月24日

ドラマ Ns' あおい  第七回 2006年2月21日放送 あらすじ&レビュー

あおいの前で倒れた小峰は、何でもないと言って仕事に戻る。いつも通り口は悪いが、病棟の患者たちを細やかに気遣ったり、看護婦達を叱責したりしている。「ネコミミ」こと佐伯は小峰の担当する病室の患者だが、見舞いに来る家族がいなかった。小峰は佐伯の誕生日を覚えており佐伯を喜ばせるが、「私だっていつまでもあんたの世話をしてあげられるわけじやないんだから。」と言う。
Ns'あおい続きを読む ブログランキング
宜しければ、1クリックして、ランキングにご協力下さい。





 


 


 



 





 





 





 





 













posted by 綾悦 at 11:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 2006年第1期ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/13700727

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。