2006年02月24日

ドラマ 白夜行 第七回 2006年2月23日放送 あらすじ&レビュー

亮司は松浦の死を隠し、園村と雪穂にアリバイを作らせた。二人が自分と松浦に脅されていたことにして、辻褄を合わせることで二人に昼の世界を歩かせようとしたのだった。笹垣は、取調べに応じた雪穂の涙に同情するが、母が死んだと聞いた雪穂が病院で見せた時と同じ笑顔を浮かべたまま泣いているのを見て、思わず雪穂をはり飛ばしてしまう。笹垣は、けして亮司は松浦の被害者ではないのだと見切っていた。 ドラマ
白夜行続きを読む
ブログランキング
宜しければ、1クリックして、ランキングにご協力下さい。






 


 


 



 





 





 





 





 
















posted by 綾悦 at 19:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 2006年第1期ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/13719344

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。