2006年02月26日

ドラマ 小早川伸木の恋  第七回 2006年2月23日放送 あらすじ&レビュー

伸木は枯れた松を見て自分の結婚生活のようだと思い、カナに匿名でメールを出す。「以前針金かけをした松の葉が全部枯れてしまいました。元に戻らないのでしょうか?」
なおえはケーキ屋になっていた。家に帰る伸木によそよそしい妙子。「もう一度、結婚記念日をやり直さないか?」伸木は言う。仕事に専念できるのも、娘が良い子に育ってくれているのも妙子のおかげ、これからもよろしくと妙子にシャンペンを渡す。
ドラマ 小早川伸木の恋続きを読む ブログランキング
宜しければ、1クリックして、ランキングにご協力下さい。






 


 


 



 





 





 





 





 













posted by 綾悦 at 11:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 2006年第1期ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。