2006年03月02日

ドラマ 神はサイコロを振らない  第七回 2006年3月1日放送 あらすじ&レビュー

木内は実家に帰るという。自分がいなくなるとは信じない親に困っているそうだ。再び木内達を失うという現実に、四人で楽しく過ごすほど寂しくなるヤス子だった。
「何となく」菊介がピアノを弾くようになったと聞いた亜紀は、何となくの先には野望や希望や欲望がないのか、私の心をわし掴みにするようなピアノを弾いてみろと言っておどける。
神はサイコロを振らない 続きを読む ブログランキング
宜しければ、1クリックして、ランキングにご協力下さい。






 


 


 



 





 





 





 





 













posted by 綾悦 at 14:08| Comment(0) | TrackBack(1) | 2006年第1期ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

神はサイコロを振らない
Excerpt:  この1月から3月まで放送されているドラマの中では、「神はサイコロを振らない」と...
Weblog: 臨機応変?
Tracked: 2006-03-04 13:01
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。