2006年03月03日

ドラマ 白夜行 第八回 2006年3月2日放送 あらすじ&レビュー

雪穂の結婚から二年が経ち、2004年の冬。亮司は秋吉雄二という人間に成りすまし、雪穂の渡した高宮のIDとパスワードを使って、東西電装から開発途中の社内システムの雛型を盗み、メモリックス社に持ち込んだ。 雪穂は高宮の持ちビルの店舗で友人と簡易性ブティックを経営していた。ソシアルダンス部つての顧客層は金を惜しまず、店は無難に営業していた。ただひとつの問題は、高宮が雪穂のいやがらせにめげず離婚を言い出さないことだ。雪穂はそれまでしおらしくしていたが、ある作戦に出る。 ドラマ
白夜行続きを読む
ブログランキング
宜しければ、1クリックして、ランキングにご協力下さい。






 


 


 



 





 





 





 





 
















posted by 綾悦 at 02:51| Comment(0) | TrackBack(1) | 2006年第1期ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/14067517

この記事へのトラックバック

白夜行 第8話 「泥に咲いた花の夢」
Excerpt: 亮司(山田孝之)は雪穂(綾瀬はるか)からもらったIDで東西電装から開発途中の社内システムの雛形を盗みメモリックスに持ち込んでいた。やり手のベンチャー社長は怪しいのを承知でこの話..
Weblog: テレビお気楽日記
Tracked: 2006-03-03 12:46
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。