2006年03月04日

ドラマ 小早川伸木の恋  第八回 2006年3月2日放送 あらすじ&レビュー

仁志は独立して引越し、カナと結婚するという。「十年間、あなただけを思っていた。」と言った仁志に、伸木のことは忘れる、こんな私でよかったら幸せにして下さいとカナは言った。ブラームスのバイオリンとチェロの為の二重協奏曲がカナの気持ちだと教える仁志。伸木は、「お前ならカナさんを幸せに出来る。」と言う。
ドラマ 小早川伸木の恋続きを読む ブログランキング
宜しければ、1クリックして、ランキングにご協力下さい。






 


 


 



 





 





 





 





 













posted by 綾悦 at 02:39| Comment(0) | TrackBack(1) | 2006年第1期ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/14116623

この記事へのトラックバック

小早川伸木の恋(2)
Excerpt: 以前にも書いたフジテレビの「小早川伸木の恋」は、「医師なのに毒にも薬にもならない」小早川伸木(唐沢寿明)を中心とした、「ありえね??」というお話ですが、なんやかんやと言いながら毎週欠かさず見ていま..
Weblog: たにやんのブログ
Tracked: 2006-03-05 19:45
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。