2006年03月08日

ドラマ 輪舞曲(ロンド) 第七回 2006年2月26日放送 あらすじ&レビュー

伊崎の葬儀が終わった。琢己の母恵子とあきらは家の前で立っている琢己を見つける。
「お帰りなさい」と恵子。琢己は母に、伊崎の命を受けて潜入捜査をしていたことを話す。
伊崎は家族も作らないで神狗をつぶすことだけに人生を捧げた。何の恩返しもできなかったと琢己。恵子は、琢己の父が死んだ時、伊崎は琢己を見守り続けると言ったことを話す。琢己を見守り続けた伊崎も孤独ではなかった。伊崎の遺した仕事を引き継ぐことが、琢己にできるたったひとつの恩返しではないかと恵子は言う。
続きを読む ブログランキング
宜しければ、1クリックして、ランキングにご協力下さい。






 


 


 



 





 





 





 





 













posted by 綾悦 at 13:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 2006年第1期ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。