2006年03月08日

ドラマ 西遊記 第九回 2006年3月6日放送 あらすじ&レビュー

羅刹女は一族の誇り牛魔王の仇を討つすべを混世魔王に託す。混世魔王は牛魔王と杯を交わした身、沙悟淨を支配していた権化でもあった。五万の軍隊をもって、三蔵、悟空、八戒、悟淨を倒すと羅刹女に誓う混世魔王。
八戒、悟淨はそれぞれ母のことを話す。八戒の母は猪の美人、悟淨の母は息子の心配をしてくれたものだなどと盛り上がっている。だが、悟空は石から生まれたので、その気持ちが分からなかった。三蔵は悟空を庇う。

ドラマ西遊記続きを読む ブログランキング
宜しければ、1クリックして、ランキングにご協力下さい。






 


 


 



 





 





 





 





 















posted by 綾悦 at 16:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 2006年第1期ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。