2006年03月17日

ドラマ 輪舞曲(ロンド) 第九回 2006年3月12日放送 あらすじ&レビュー

琢己に向けてユナは銃を乱射する。琢己は、「殺さない。どんなに憎くても。俺はそのことを大切な人達から教わった。」と言ってユナを諭し、警察に自首する事を勧める。「俺はどうなっても構わない。神狗を潰すためなら。」そう言う琢己に宋が出て来て言う。「娘を見逃してやって欲しい。私は神狗の情報を握っている。娘を逃がしてくれたらすべてを話す。「本当にすべてを話すんだな。」続きを読む ブログランキング
宜しければ、1クリックして、ランキングにご協力下さい。






 


 


 



 





 





 





 





 













posted by 綾悦 at 18:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 2006年第1期ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/14972638

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。