2006年04月21日

大河ドラマ 功名が辻 第十五回 2006年4月16日放送 あらすじ&レビュー

第十五回 妻対女
山内家では、一豊の右腕である知恵者、祖父江新右衛門が隠居して新一郎に家督を譲り、徳治郎は医者になるために京に行くこととなる。一人で酒を飲む吉兵衛に紫陽花を見せようと気を回した千代だが、吉兵衛は亀ヶ崎の戦いで一豊の頬から引き抜いた鏃を出し、ご当家の家宝、それがしの誇りだと一説ぶつ。一豊を守る事、それ以外にこの世に望みはないと言う吉兵衛に千代は胸を熱くする。



































六平太は望月六平太と言う名で山内家に近づき、家臣になろうとする。得意の忍術で一豊を守ると言う六平太だが、一豊は毛利の間者だと信じようとしない。六平太は、自分は真っ正直な一豊に惚れたと言い、山内家に居座ってしまう。
いとととしには子ができた。山芋を食べれば子が出来ると聞いた千代は、早速トライしてみるのだが。六平太は千代に、叡山の虐殺で変わってしまった信長は滅ぶ、その時死を賭して戦う一豊の危機に、自分が盾になって守ると言う。しかし千代も不安な気持ちでいた。
市乃丞の具合が悪いということで一豊と千代は、千代の実家に見舞いに行く。市乃丞は千代に、世継ぎが出来なければ一豊に側女を置けと言う。きぬは、市乃丞こそ子供ができなかったのに側女を作らなかった、間に受ける事はないと言い、一豊も、自分にとって女子は千代だけだと即座に答える。
六平太の妻としてやって来たさとと名乗る女はなんと小りんだった。小りんは一豊の子を産もうと夜這いをかけるが、一豊は逃げ出してしまう。小りんに子供の事を尋ねられた千代は正直に話す。すると小りんは一豊の子を産むと言い、怒れない千代は涙を浮かべて黙り込んでしまう。
夜、小りんは隙をついて一豊に夜這いをかけるが、一豊は振り払う。「千代に子供はできないよ。」と辛辣に言う小りん。すべて悟っていた千代は寝床に帰った一豊に、「旦那様は誰にも渡しませぬ。小りんには渡しませぬ。」と泣く。一豊は、「側女はいらぬ、わしにとって女子は千代だけじゃ。」ともう一度千代を抱きしめて言う。その時、長篠の戦いを告げる陣笛が鳴った。

レビュー
戦いの合間のまどろみ、そしてその都度煩雑なものに囲まれつつも、有機的な家族・家臣同士のつながりについて描かれている。ふっとした心のたまり場のような回だが、この話のテーマとしての夫婦愛が貫かれており、内面的時代劇の情緒がいかんなく発揮されている。ドラマ新クールに入って、作り手側からはさらなる深化をはかる試みがなされており、それぞれのキャラクターが言葉を研ぎ澄ませながら新しい人間の生き方を探している、といった回である。ああ、あんなつらい顔ができるんだ・・・千代のリゴラスさの反面が格段の光を放ち、主役抜擢の見立てはきっと正しかった、そんな風に思える回だった。


ブログランキング
宜しければ、1クリックして、ランキングにご協力下さい。



posted by 綾悦 at 13:14| Comment(0) | TrackBack(1) | 2006年第2期ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/16847414

この記事へのトラックバック

旦那にとっての、嫁さんの価値
Excerpt: 功名が辻〈1〉司馬 遼太郎 大河ドラマ、「功名が辻」。なかなかの高視聴率で推移してるらしい。
Weblog: サラリーマンの成功に効く本。資産運用に、健康管理に、人間関係に、仕事に、自己啓発に役立てる。 - livedoor Blog(ブログ)
Tracked: 2006-04-24 16:36
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。