2006年03月05日

大河ドラマ 功名が辻 第九回 2006年3月5日放送 あらすじ&レビュー

第九回 初めての浮気
秀吉を残して織田軍は次々と引き上げて行く。家康は秀吉の為、鉄砲を置いて行った。
半兵衛は一豊の為に薬を煎じ、「千代殿の為にも生きるのだ。」と励ます。秀吉軍は、一豊を神輿にのせるように運びながら退却する。しんがりは敵を防ぎながら引き付けねばならぬ凄惨な役目だ。敵の厳しい攻撃が続く。

































千代が縫い物をしているところに六平太が息も切れ切れに現れ、「一豊が矢で顔を射抜かれた。生きて戻れないかもしれない。覚悟しておけ。」と言う。千代は自分を一豊の元に連れて行ってくれと六平太に頼むが、六平太は、「戦場で生き残るのは運しかない。運を信じて祈れ。」と言うのみだった。
敵に囲まれ、ここを死に場所だと覚悟する一豊。そこへ銃声が。岡の上には徳川家康が馬上で指揮をとっている。一豊達は無事、京へ逃げ戻った。
市は長政に、信長を逃がしたのは自分が原因なので斬って欲しいと言うが、長政は刀を構えるものの斬れない。「そちの腹の子はわしの子じゃ。お前を斬ると子供が死ぬ。」と言って市を許す。久正は六平太に、「信長を撃て」と命じる。
京へ戻った信長は秀吉を褒め、一豊に対しても「三段崎勘右衛門のこと忘れておらぬ。」と、二百石の褒章を与える。一豊は自分を見捨てず一緒に逃げてくれた堀尾吉晴、中村一氏に、「こたびの恩義、生涯忘れぬ。」と地に伏して礼を言う。
皆の留守中、一人の若い女が一豊を訪ねてくる。叔父を探して旅をしているらしい。名は小りんと言う。小りんはきんそうの薬を出し、今夜こちらに泊めて下さいと言う。吉衛門達は、殿は凡夫ではないからと、自分達と別に一豊の横に小りんを眠らせる。小りんは一豊の寝床に忍び込み、「怖い」
と一豊に抱きつく。
朝、一豊が起きると、小りんは家来達と話しをしている。
「夕べはよく眠れたか?」と言う一豊に、
「はい。殿様と添いました夢を。」と小りんは答え、
一豊は吐き出してしまう。
明日にも岐阜に戻るやもしれぬと
夕方、小りんはまだいた。堀川までいったが叔父はいなかったという。
もう一晩だけ泊めてくれと言う小りん。
夜になった。今度こそ一豊は小りんの誘惑に負けてしまう。
明け方、陣笛が鳴り、飛び起きる一豊達。今日、岐阜城に戻るのだ。
小りんの正体がくのいちだと分かった頃、小りんは姿をくらませていた。
小りんは仲間の六平太とおち合う。六平太は、一豊が生きていたことに驚く。小りんの一豊への評価は、「才気走ってはいないが人柄はよかった。だが、床上手ではなかった。」である。
岐阜に向けて帰る一豊に、小りんは遠くから目配せをする。バツが悪く知らんぷりをする一豊。
道中、六角の刺客杉谷は、六平太の命令で信長の暗殺にわざと失敗する。鉄砲の弾は信長の小手に当たってはね返った。
無事岐阜に戻った信長は、ねねと千代にねぎらいの言葉をかけ、千代にお市のことを話し、「内掛け仕上がりし時はわしの元に届けるが良い。」と言う。
しばらくして列の後方から「命拾うたぞ!」と一豊が叫ぶ。
「命拾うは功名の種にございます。」と千代も叫ぶ。
千代はしみじみ一豊を眺め、「開運の傷でございますね。」と言う。
夜、一豊は小りんのことが気に咎めて眠れない。「千代、良い子を産め。」と抱きしめるが、千代をうまく抱けない。
「痛みまするか?」と千代。
「顔の傷ではない。」と一豊は胸を押さえる。
「心の臓が、大変。」とうろたえる千代に一豊は、
「わしは京で、女子を抱いた。誓いを破った、すまん。」と、とうとう自白してしまう。


レビュー
科料増加により要人となった一豊はその分面倒なものに巻き込まれてしまうことになった。半兵衛のような賢人に対して忍者というネットワークが対比され、その世界で生きる小りんの自由さ、のびのび感が子供のようで、物語に明るさを与えた。それを正直にも話してしまう一豊には「真面目さのススメ」という称号でもあげたい。完全さを欲する精神、ちょっとだけ分かってしまい可笑しかった・・。



ブログランキング
宜しければ、1クリックして、ランキングにご協力下さい。







 





 





 





 



posted by 綾悦 at 23:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 2006年第1期ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ドラマ 喰いタン  第八回 2006年3月4日放送 あらすじ&レビュー

ホームズエージェンシーの裏手で殺人事件が起こった。被害者はコンノシゲル、「ゆたか」というダイインググメッセージを残したという。高野は被害者の袖に白いものがついていたことで、ゆたかが人の名前ではなく小麦粉の種類ハリユタカだと見破り、犯人の店まで早々に突き止めてしまった。広島風お好みを胃袋に詰め込む高野。
ドラマ喰いタン続きを読む ブログランキング
宜しければ、1クリックして、ランキングにご協力下さい。





 


 


 



 





 





 





 





 













posted by 綾悦 at 12:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 2006年第1期ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月04日

ドラマ 小早川伸木の恋  第八回 2006年3月2日放送 あらすじ&レビュー

仁志は独立して引越し、カナと結婚するという。「十年間、あなただけを思っていた。」と言った仁志に、伸木のことは忘れる、こんな私でよかったら幸せにして下さいとカナは言った。ブラームスのバイオリンとチェロの為の二重協奏曲がカナの気持ちだと教える仁志。伸木は、「お前ならカナさんを幸せに出来る。」と言う。
ドラマ 小早川伸木の恋続きを読む ブログランキング
宜しければ、1クリックして、ランキングにご協力下さい。






 


 


 



 





 





 





 





 













posted by 綾悦 at 02:39| Comment(0) | TrackBack(1) | 2006年第1期ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月03日

ドラマ 白夜行 第八回 2006年3月2日放送 あらすじ&レビュー

雪穂の結婚から二年が経ち、2004年の冬。亮司は秋吉雄二という人間に成りすまし、雪穂の渡した高宮のIDとパスワードを使って、東西電装から開発途中の社内システムの雛型を盗み、メモリックス社に持ち込んだ。 雪穂は高宮の持ちビルの店舗で友人と簡易性ブティックを経営していた。ソシアルダンス部つての顧客層は金を惜しまず、店は無難に営業していた。ただひとつの問題は、高宮が雪穂のいやがらせにめげず離婚を言い出さないことだ。雪穂はそれまでしおらしくしていたが、ある作戦に出る。 ドラマ
白夜行続きを読む
ブログランキング
宜しければ、1クリックして、ランキングにご協力下さい。






 


 


 



 





 





 





 





 
















posted by 綾悦 at 02:51| Comment(0) | TrackBack(1) | 2006年第1期ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月02日

ドラマ 神はサイコロを振らない  第七回 2006年3月1日放送 あらすじ&レビュー

木内は実家に帰るという。自分がいなくなるとは信じない親に困っているそうだ。再び木内達を失うという現実に、四人で楽しく過ごすほど寂しくなるヤス子だった。
「何となく」菊介がピアノを弾くようになったと聞いた亜紀は、何となくの先には野望や希望や欲望がないのか、私の心をわし掴みにするようなピアノを弾いてみろと言っておどける。
神はサイコロを振らない 続きを読む ブログランキング
宜しければ、1クリックして、ランキングにご協力下さい。






 


 


 



 





 





 





 





 













posted by 綾悦 at 14:08| Comment(0) | TrackBack(1) | 2006年第1期ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ドラマ Ns' あおい  第八回 2006年2月28日放送 あらすじ&レビュー

桜川病院で、突然の人事異動が行われた。田所が副医院長に昇進したのだ。第一候補と目されていた浜松部長を飛ばしていることで、院内は大騒ぎだ。田所は、今後の方針として病院の抱える不良債権の処理を挙げ、病状の好転が望めない患者、末期患者、ベッドの差額が払えない患者は転院させることを提案する。総師長も、田所の病院の運営方針に賛同し、赤字という大病すなわちガン細胞は完全に取り除かねばならない、大手術が必要だと言う。Ns'あおい続きを読む ブログランキング
宜しければ、1クリックして、ランキングにご協力下さい。





 


 


 



 





 





 





 





 













posted by 綾悦 at 02:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 2006年第1期ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ドラマ 西遊記 第八回 2006年2月27日放送 あらすじ&レビュー

飛んでしまった八戒の帽子を取リ戻そうとする一行だが、悟空は協力せずに図に乗っている。三蔵たちは戒めに悟空を木に縛りつけて先を急ぐ。
次の町は妖怪紅孩児によって、時を止められていた。一行も同じように動かなくなってしまう。

ドラマ西遊記続きを読む ブログランキング
宜しければ、1クリックして、ランキングにご協力下さい。






 


 


 



 





 





 





 





 















posted by 綾悦 at 02:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 2006年第1期ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月26日

大河ドラマ 功名が辻 第八回 2006年2月26日放送 あらすじ&レビュー 2006年第1期ドラマ

第八回 命懸けの功名
1570年春。将軍足利義昭に不穏な動きがあるとのしらせが秀吉の元に届く。秀吉からそれを聞いた光秀は、信長を見くびってはならない、火遊びはほどほどにして今は赤子のように信長様の手に抱かれている方がいい。と義昭に言うのだが義昭は、「事と次第によってはそちの手で信長を殺せ。」と言う。































京の女を夢中で見ている新一郎。「明日の命をもしれぬこの乱世、女房こそが生きるよすがなのじゃ。」と一豊は教える。
信長は、京へ戻り、義昭の名で、諸国の大名を招いて能や茶会を開く。一豊には三河の徳川家康へ向けて書状を運ぶ任が。途中我が家に戻った一豊は、お守りとして千代と同じ手ぬぐいを手首に結んでもらう。「戦場で危うくなられた時は、私を思い出して下さいませ。暑い日は、汗を拭いて下さいませ。怪我をしたらこれで血を止めて下さいませ。私がお世話をしているとお思いになって・・・。」千代は一豊を見つめて言う。
義昭らを招いた能・茶会は滞りなく終わった。四月に信長は京を発ち、電光石火の朝倉攻めを開始する。いよいよ戦場だと意気上がる一豊たち。
浅井家では信長の動きに、お市と茶々を岐阜に返して信長を倒すべきだとの意見が湧き上がる。千代からお市の身が危ないと聞いた六平太はお市に信長の動向を知らせる。お市は長政に、生まれてくる子の為にも兄との戦は止めて欲しいと頼み、自分は長政の妻だから、小谷を離れるつもりはないと言う。
四月二十五日、信長は手筒山城を数時間で落とし、翌二十六日、金ヶ崎城に攻め寄せた。一豊はまだ功名をあげられず焦りがつのるが、金ヶ崎城では朝倉氏が降伏、開城することに。「城の受け渡しは古来穏やかに済んだ試しはない。戦になるのでは。」と半兵衛が言った通り、翌日朝倉の兵隊は火縄に火を点けたまま城を出てくる。しんがりにいたのは三段崎勘右衛門だ。新一郎は主君に功名を上げさせようと敵方を挑発し、両軍の間で戦いが始まった。勘右衛門にまっすぐ向かっていった一豊だが、放たれた矢が一豊の頬を貫く。それでもひるむことなく勘右衛門と組み合った一豊は、崖から転がり降りるようにして勘右衛門を討ち取る。満身創痍になって信長よりようやく格別の恩寵を賜った一豊だが、お市の陣中見舞いから撤退を決意した信長のしんがりとして名乗り出た秀吉と共に、決死の覚悟で戦場に残る。
虫のしらせを受けた千代は一豊を思ってただひたすら祈るばかりだった。



レビュー
「功名即ち命懸け」という大変な明日なき世界。「聖なるもの」が「俗なるもの」に変わる、城の明け渡しのシーンが印象的だ。歴史的事実の影にこんな物語があったのか、矜持を正して見てしまった。で、洋式の戦術に馴染めない一豊がどこか天真爛漫に見えてしまい、どこかしら清らかな風が吹いている。お市の心の起伏描写が抑えられ、青い空の下、小さな石の如き動乱が、大きな一つの波を立てる予感を醸し出すように写し出されており、一豊の人生が転回する意味も含んだ回となっている。


ブログランキング
宜しければ、1クリックして、ランキングにご協力下さい。







 





 





 





 



posted by 綾悦 at 21:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 2006年第1期ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ドラマ 喰いタン  第七回 2006年2月25日放送 あらすじ&レビュー

ハジメの通っている元町小学校では授業参観週間になり、一週間は保護者が自由に出入りできるようになった。高野はこの機会に学校給食を食べ尽くそうというわけで張り切る。京子も連れていよいよ授業参観の当日。給食はピーマンの肉詰めだった。好き嫌いを無くしたいという担任さえこ先生の気持ちに反対する親もいたが、京子は、生命に感謝して頂くことは必要だと一席ぶって帰ってくる。
ドラマ喰いタン続きを読む ブログランキング
宜しければ、1クリックして、ランキングにご協力下さい。





 


 


 



 





 





 





 





 















posted by 綾悦 at 11:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 2006年第1期ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ドラマ 小早川伸木の恋  第七回 2006年2月23日放送 あらすじ&レビュー

伸木は枯れた松を見て自分の結婚生活のようだと思い、カナに匿名でメールを出す。「以前針金かけをした松の葉が全部枯れてしまいました。元に戻らないのでしょうか?」
なおえはケーキ屋になっていた。家に帰る伸木によそよそしい妙子。「もう一度、結婚記念日をやり直さないか?」伸木は言う。仕事に専念できるのも、娘が良い子に育ってくれているのも妙子のおかげ、これからもよろしくと妙子にシャンペンを渡す。
ドラマ 小早川伸木の恋続きを読む ブログランキング
宜しければ、1クリックして、ランキングにご協力下さい。






 


 


 



 





 





 





 





 













posted by 綾悦 at 11:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 2006年第1期ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。