2006年02月14日

ドラマ 西遊記 第六回 2006年2月13日放送 あらすじ&レビュー

悟空と八戒の二人は、禁止されていた肉を食べようとして鶏を追いかけ、仏像を壊してしまう。その姿を見た悟淨は三蔵に報告すると言い、たまらず二人は悟淨を布でくるみ、裏の森に置き去りにする。

ドラマ西遊記続きを読む ブログランキング
宜しければ、1クリックして、ランキングにご協力下さい。






 


 


 



 





 





 





 





 















posted by 綾悦 at 04:34| Comment(0) | TrackBack(3) | 2006年第1期ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月13日

ドラマ 輪舞曲(ロンド) 第五回 2006年2月13日放送 あらすじ&レビュー

どうして約束を破ったのか尋ねるユナに、ショウは何もいえない。神狗との関わっていないのならば「いいえ」と言ってくれとユナは迫る。ショウは、いつか必ず話すから信じて欲しいと言うのだが・・・

続きを読む ブログランキング
宜しければ、1クリックして、ランキングにご協力下さい。






 


 


 



 





 





 





 





 













posted by 綾悦 at 14:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 2006年第1期ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

大河ドラマ 功名が辻 第六回 2006年2月12日放送 あらすじ&レビュー

第六回 山内家旗揚げ
お市が浅井長政に嫁いだことで、信長は都を視野に入れることができるようになった。長政は琵琶湖を眺めながら、万難を拝してそなたを守るとお市に誓う。
千代は半兵衛の屋敷に赴き、長政の話をする半兵衛から近江の情報を仕入れる。驚く一豊に千代は、「これからは世の動きをしっかりと見極めねば一国一城の主にはなりません。」と言う。

































新右衛門の大家族が山内家にやって来た。一豊は五十石の禄高でさらに七名もの大人数を養うことになったのだ。もう一方の腹心である吉兵衛は、亡くなった妻の後嫁をもらわず、一人身を通している。千代は夫婦水入らずの時、一国一城の主になった暁に一豊はどうするのか、側室をもらうのかと聞く。しかめ面で「千代だけおればよい。」と言う一豊。千代は嬉しそうに甘える。
子供達は遠慮なく食べ続け、みるみる食べ物の蓄えが減っていく山内家。千代は一日食べれば一日断食で水を飲むという生活を続ける。嫁入りの時に手渡された十両には手を付けず、町へ行き着物を売り、行商人のように叩き売りまでして明るく頑張るのだった。千代がとうとう玄関先で倒れているのを見つけた一豊は、新右衛門一家を呼びよせてしまったことを今になって後悔するのだった。
織田家では、新しい家来として明智光秀を五千石の厚遇で迎えることになった。若い頃道三に仕えていた光秀の幼なじみである濃姫は、信長と光秀は日輪と月のように違うと案じる。光秀仕官の日、長い月日を隔てて光秀に再会した濃姫は、父の愛した桜の下で光秀を慕っていた頃のことを回想する。光秀と濃姫は同じ城内でそれぞれの思いを胸に笛を吹くのだった。
ある日秀吉は山内家を訪れ、一豊は狩ってきた猪鍋を振舞う。千代はあらかじめ一豊に教えたことを秀吉の前で言わせ、一豊の株を上げようとする。それを見ていたねねは帰り道すがら、あの奥方もあなどれませぬと漏らすのだった。
光秀の仲介で、足利義昭が岐阜城にやって来た。光秀は信長に将軍を歓迎する礼法を教える。義昭は二ヶ月で京に進撃すると公言した信長を見直したように、「そちこそ足利の守護神じゃ。」と言う。
上洛に向けて、信長軍が動くことになった。一豊は、六角攻めの先陣を仰せつかる。
出立の朝、千代の縫った山内家紋の旗が出来上がる。
九月七日、六万人の信長軍は岐阜を発った。

レビューは
ドラマはお市、長政から濃姫、光秀に移る。激動の時代に伴い、生は多様化していくのだが、その移行の難しさを背負いつつも千代は才覚ひとつで解決するのだった。のはずが、あれよあれよという間に食い淵がなくなってしまう山内家。「カリスマ主婦」たる千代は、想像を巡らせて楽観的だった自分を改める。どこか不器用で子供っぽい男達に比べ対照的な生活力だ。時代を肉体化していく千代の姿がなんとも言えずいい感じである。



ブログランキング
宜しければ、1クリックして、ランキングにご協力下さい。







 





 





 





 



posted by 綾悦 at 00:36| Comment(0) | TrackBack(2) | 2006年第1期ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月11日

ドラマ 喰いタン  第五回 2006年2月11日放送 あらすじ&レビュー

バレンタインデーが近くなり、涼介とハジメはソワソワしている。その日ホームズの戸を叩いたのは、ハジメが好きな女の子、木下レイだった。藤原とかいう中学生に彼女がいないかどうかを調べて欲しいということだ。ハジメはがっかり。

ドラマ喰いタン続きを読む ブログランキング
宜しければ、1クリックして、ランキングにご協力下さい。





 


 


 



 





 





 





 





 













posted by 綾悦 at 22:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 2006年第1期ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ドラマ 小早川伸木の恋  第五回 2006年2月9日放送 あらすじ&レビュー

なおえに来た妙子。伸木とカナが話しているところに現れる。カナはとっさに、伸木は妙子と老後を楽しむ為に盆栽教室に通っているのだと言い、危機を脱する。
帰り道、妙子は、カナは感じのいい人だ。友達になりたいと言う。

ドラマ 小早川伸木の恋続きを読む ブログランキング
宜しければ、1クリックして、ランキングにご協力下さい。






 


 


 



 





 





 





 





 













posted by 綾悦 at 20:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 2006年第1期ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月10日

ドラマ 白夜行 第五回 2006年2月9日放送 あらすじ&レビュー

雪穂を抱いた亮二は、窓越しに降りしきる雨を見て、自分は何をやってるんだろうかと思うのだった。雪穂にとっては篠塚といる方が幸せなのは誰の目にも明らかだ。「会わなければ忘れられる。」と言う雪穂に、雪穂が幸せでなければ、自分が死んだ意味が無いと言う亮二。篠塚を忘れなくてもいいと言い、ひとり部屋を出て行く。ドラマ
白夜行続きを読む
ブログランキング
宜しければ、1クリックして、ランキングにご協力下さい。






 


 


 



 





 





 





 





 
















posted by 綾悦 at 02:46| Comment(1) | TrackBack(7) | 2006年第1期ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月09日

ドラマ 神はサイコロを振らない  第四回 2006年2月8日放送 あらすじ&レビュー

ヤス子は亜紀を頭から足先までしげしげと眺め、起こってしまったことの摩訶不思議さにため息をつく。死んでいたはずの人間がこうして生きていることに。その朝木内は、十年前の居酒屋でのことをヤス子に謝る。木内にとってその喧嘩は、ついこの前のことなのだ。ヤス子と木内は夢を語り合っていた。
神はサイコロを振らない 続きを読む ブログランキング
宜しければ、1クリックして、ランキングにご協力下さい。






 


 


 



 





 





 





 





 













posted by 綾悦 at 12:34| Comment(0) | TrackBack(3) | 2006年第1期ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月07日

ドラマ Ns' あおい  第五回 2006年2月7日放送 あらすじ&レビュー

桜川病院では設備が不足していた。MRIは昨年設置したばかりで、高樹の望む機器どころか、電子カルテさえもまだだった。電子カルテの導入には6億もかかるという。各々の医者側が売り上げに貢献できなければ、満足な医療体制にならないという現況だ。
Ns'あおい続きを読む ブログランキング
宜しければ、1クリックして、ランキングにご協力下さい。





 


 


 



 





 





 





 





 













posted by 綾悦 at 23:09| Comment(0) | TrackBack(4) | 2006年第1期ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。